ほら あめだ!

フランクリン・M・ブランリー作 /ジェームズ・グラハム・ヘイル絵 /やすなりてっぺい訳
福音館書店(2009/4/30; 32 pp.)
ISBN: 978-4-8340-2360-2

福音館書店の科学シリーズ(本体価格1300円+税)あとがき付

 この絵本は、アメリカで出版されている科学絵本シリーズを日本で絵本の出版に力を入れている福音館書店が出版したものです。日本で販売をするに当たって、研究者に翻訳を依頼し、その後、出版をしています。「ほら あめだ!(原題: Down Comes the Rain)」は、私が総合地球環境学研究所に在籍した時にいただいたお仕事で、この2009年4月30日に出版されました。この絵本では、水蒸気から雲ができて、雨ができるまでのお話を描いてあります。雹(ひょう)についても言及があります。ただし、本絵本では、冷たい雨と暖かい雨を分けていなかったり、水のしずくについて誤解を与えかねない部分があるため、あとがきを丁寧に作りました。あとがきには、北海道大学低温科学研究所の藤吉先生にもコメントをいただき修正しました。また同研究室の大学院生の藤原君にも液滴落下写真を撮っていただきました。対象年齢は小学生くらいからですが、あとがきと一緒に読んでいただくことで、お父さん、お母さんが雨についてもよく理解できる内容になったかと思います。お子さんに雨について説明する材料にしていただければと思います。また、お子さんが大きくなっても再度読んで雨について理解を深めることができる内容になっているかと思います。周りに、お子さんがおられる方は、是非手に取って読んでいただければ幸いです。

同シリーズからは、空気についての絵本や雪に関する絵本も既に出版されていますので、それらと合わせて読んでいただくのも楽しいかと思います。

購入は、アマゾン、ジュンク堂、紀伊国屋、セブンアンドワイ、JBOOK等でお求めください。

福音館書店のリンクはこちら ⇒[LINK]
Amazon.co.jpのリンクはこちら ⇒[LINK]



[TJ_YasunariのHPに戻る]